ソニー KDL-40EX710 修理の巻

今回は、ソニーの40インチテレビ BLAVIA KDL-40EX710 の修理依頼。


以前から親交のある知人から、お店で使っているテレビが画像音声とも出なくなって、

電源を入れると赤色の電源ランプが6回点滅する。

直るのなら直してほしいとの依頼です。


電源ランプ6回点滅。

いかにも何かを伝えているのは間違えなさそうです。

型番を控えて早速調査開始。

すると、価格ドットコムさんのサイトでこのような情報をゲット。



なになに?

STBY LED Flash time の 6 は、

BACKLITE_ の Back Light Error (Panel Inverter) なんだな。。

わかったような、わかんないような…

なんとなく理解できたのは、スタンバイランプの6回点滅は、

バックライトのエラーで、パネルインバーターかもよ?

くらい。。


とにかく、何かが原因でバックライトのLEDがつかなくなっているらしい。

そこで、

まずは電源基板からバックライトのLED基板までの

経年劣化によるケーブル断線を疑い、一度お伺いして導通をチェック。






写真の青2本、白2本にそれぞれ黒い線がペアになっていて

全部で4系統8本のケーブルを1本ずつテスターで導通チェック。


・・・

残念ながら、いえいえ、幸いなことに

8本のケーブルすべて導通あり。断線していませんでした。

出鼻を挫かれてしまいました。

背面パネルを外したテレビをそのまま置いて帰るわけにはいかず

元通りに戻してその日は退散。。

的を外して落胆したせいか、4系統の電圧チェックすら忘れて。。


いずれにしても、

LED基板までのケーブル断線がないということは、

LED基板に電圧がかかっていないことは確か。

それでは、電源基板を丸ごと交換してみよう! と、

ネットで KDL-40EX710 の液晶割れジャンク品を探してみることに。

この型番のテレビは10年ほど前に生産された商品で、

メーカーの修理対象外となっているため部品の供給やメーカーの修理も

やっていないのです。


・・・

残念ながら、そう簡単に、そうタイムリーに

ジャンク品など見つからず…

あった!と思ったらSOLD 。。(販売済み。。)

困っていたところに、電源基板そのものを販売しているサイトを発見!

だけど海外のサイトで、なんて書いてあるのかチンプンカンプン。

Googleの翻訳機能をフル活用し、基板の型番を何度も確認して購入!

動作確認済みとのことなので、到着したら即交換修理しようと

楽しみに待っていたのですが…


数日後に、基板販売先からメールが届き、

「あなたの送料の設定が間違っているので取引をキャンセルします。」

なになに?

送料の設定って、サイトの金額に従っただけなのに…

サイトで 21.95米ドル(2,300円弱)と書いてあった送料が、

届いたメールには「送料は$90から$120です。」と。

9,300円~12,400円! いったいどうしたらそうなるの?

そもそも、サイトに記載されていた送料は固定文で

こちらがどうこうできる内容ではなかったのに…


『ダメだ。このサイトとやり取りしていても、

 おそらく時間を浪費するだけだろう…。』

たとえ以前からの知人の依頼とはいえ、仕事は仕事。

依頼を受けてからお待たせしすぎている。

状況はその都度報告させていただいているとはいえ、

早く何とかしなければ申し訳が立たない。。


困っているところに、とても参考になるサイトを見つけました。

hibizipさんが運営しているサイトに、

SONY BRAVIA 6回点滅を修理してみよう!

というタイトルのページが!

あまりにもタイムリーなタイトルで、

のめり込むように一気に読み進んでいきました。

(興味のある方は、ぜひぜひご覧になってください!)

hibizipさんのご努力に心から敬服するとともに、

修理対応として本当に参考にさせていただきました。


無事に修理を終え、

( え? どうやって?

  それは… hibizipさんサイトのネタバレになってしまうので… )(汗...)

知人にも大変喜んでいただきました。

お役に立てて本当に良かったです。


hibizipさんに感謝、感謝です!