ホンダトゥデイ AF61 ベルト交換 の巻


新年、

明けましておめでとうございます。

昨年中は、大変お世話になりました。

本年も、宜しくお願い致します。



じつは…

年の暮れも押し迫った12月29日、

昨年最後のエアコンクリーニングの

お客様宅へ訪問中、

あともう少しでお客様宅に到着

というところで

“ブチッ!!”とイヤな音がして

スクーターのドライブベルトが

切れました。


お客様宅への訪問は、

なんとかお約束の時間に間に合って

無事エアコンクリーニングを終えて…

帰りは、仕方ないのでスクーターを

押して帰りました。

訪問先が近くで本当に良かった。。



少し前から

ベルトが滑っているような感覚があったので

ラバープロテクタントを吹き付けたり、

念のため 替えのベルトは

Amazonで買っておいたのですが、

実際に切れたときはかなりショックでした。



翌日12月30日、

早速ベルトを交換しようと

YouTube動画で予備知識を得たうえで、

ソケットレンチで作業開始!

ベルトのある部分のカバーを開けると

丸い物体がふたつ。

(素人なので正式名称は分かりません…)



左の丸いのの真ん中のナットは

なんとか外せたのですが、

右の丸いのの真ん中のナットが

固くて固くて外れません!

(素人なので正式名称は分かりません…)


しかも、最悪なことに

右の丸いのの真ん中のナットが

ちゃんとした工具で

回しているにもかかわらず…



どんどん舐めてしまって

六角ではなくなってしまいそうに

なっているではありませんか!😖


いったいどんな力で締め付けたのでしょう?

それに、

締め付けが固いからといって、

緩むまえに自らボロボロになっていく

このナットってナニ!?😰



仕方がないので、

この日はこれ以上の作業はあきらめて

カバーを戻して終了…


でも、

このままでは終われない、

いや、

このままでは先に進めないので、

舐めたナットを回せる工具を検索。


昔、電気屋だった頃、


(今も電気屋なのですが、

 電気屋ではなかった頃がありまして…

 詳しくは、開業秘話をお読みください。)


こんな工具を使っていたことを

思い出しました。


フリーレンチ~!

(ここは、ドラえもんの声でお願いします。)


この道具はかなり便利で、

これ一本で9~22mmのナットやボルトを

回すことができるのです。

便利な割にお値段もお安く、

ネットで調べてもほぼ1,000円以下で

購入できます。


『これにしようかなぁ。

 いや、待てよ。

 あいつ(例のナット)、もしかしたら

 さらにボロボロろうとするかも。。

 だとすると、もう少ししっかり